天使のはね@ランドセルはネット通販でお得に購入がおすすめ!

セイバン天使のはねはネット通販でお得に購入がおすすめです。お得な特t年やキャンペーンを利用して天使のはねランドセルを購入しましょう!
MENU

天使のはねはネット通販がお得!

「ラ・ラ・ラ・ランドセルは〜♪、て・て・て・天使のはね〜♪」というテーマソングの CM を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

天使のはねはフィットちゃんランドセルと並ぶ大手ランドセルブランドです。

 

ランドセル売り場をはじめ、楽天市場やAMAZONなどのネット通販でもよく見かけますよね。

 

もちろん天使のはねも公式通販サイトを運営しており、天使のはねのランドセルを購入することができます。

 

イオンをはじめ大手量販店や百貨店でも購入することができるので、天使のはねが欲しい人にとっては購入しやすいのは嬉しいことです。

 

しかし一方では、売り場によって値段が違ったり百貨店限定モデルやWEB 限定モデルが販売されていたりして、くまなく商品を比較することが難しいと言えます。

 

基本的には機能などのスペックは同じで、刺繍のデザインが違ったりするだけのケースが多いようです。

 

各モデルによって値段も当然違うので、価格とデザインのバランスを考えて商品選びをすると失敗が少ないです。

 

天使のはねには直営店もあります。

 

製造メーカーのセイバンが運営していて、東京(表参道店)・名古屋(栄店)・大阪(心斎橋店)の3ヶ所でオープンしています。

 

実物を確認したい場合は直営店が近くにあれば、品揃えも豊富でおすすめです。

 

直営店が近くにない場合でも、イオンや量販店などのランドセル売り場で展示されてる場合があります。

 

品揃えが限定的ではありますが、フィットちゃんランドセルやイオンかるすぽなど他社ブランドのランドセルと比較しやすいのはメリットです。

 

子供と一緒に行って、背負い心地や質感・色合いなどをチェックしてましょう。

 

ランドセル選びをしっかりしておくと、購入してからの後悔が少なくなるのでおすすめです。

 

天使のはねとフィットちゃんを比較しました

天使のはねとフィットちゃんを比較すると、利点に違いがたくさんあります。

 

まず、天使のはねはベルトの面積が広く、肩にかかる負担が少ないです。

 

肩ベルトは左右連動して動くため、左右にぐらつくことがなく、バランス良く安全に背負えます。

 

一方のフィットちゃんは腰の負担が少なくなるよう設計されています。

 

そして肩ベルトが左右別々に動き、体が成長しても体格に合わせて、柔軟に背負えます。

 

次に背中のクッションを比較してみると、天使のはねは背中にフィットし、ゆるやかな凸凹がからだにかかる荷物の重さを均等に分散します。

 

それに対してフィットちゃんの背中のクッションは、通気性に優れていて、ウェーブ形状(波形)がからだにフィットしながらむれにくく、快適さを実現します。

 

ネット注文でランドセルが買える

ランドセルは百貨店などの店舗で購入するイメージをお持ちの方が多いでしょう。

 

店舗で購入するのは実際のイメージをつかみやすく良いものではありますが、自宅に居ながらにしてインターネットでランドセルをネット注文することも可能なのです。

 

インターネットなら様々なブランドのランドセルを写真で見ることができて、何店舗か価格を比較しながら購入することが可能です。

 

人気で店頭では売り切れていたランドセルもインターネットなら購入が可能な場合もあります。

 

さらに自宅まで配送をしてくれるので、とても便利です。

 

自分の都合のつく時間で購入することが可能なので、忙しくてなかなか時間が取れない親御さんでも活用できることがとても魅力です。

 

 

ランドセルの購入価格ってどれくらい?

ランドセルは小学校に通うに当たって絶対に必要なものであり、一番最初に買いに行くものといっても過言ではありません。

 

近年はランドセルの機能性やデザインを重視したものが多く、購入価格もメーカーによって様々です。

 

下は15,000円程から上はピンきりです。

 

購入価格が高いからと言って必ずしも子供に合うというわけではありません。

 

お子さんの身長や体型に合わせてどんなものがいいかを考えた上でランドセルを選びます。

 

また、1年生の体型にぴったり合わせてしまうと6年生の時にはしょえなくなってしまったなんてことがないようにサイズもきちんとお店の人に見てもらうのがいいかもしれません。

 

高いものになれば素材などが違ってくるので長持ちすると言う点は否めません。

 

ですが、購入価格が安くてもお子さんが気に入って、使いやすそうであれば機能性なども見た上で検討するのもいいかもしれません。

 

更新履歴
このページの先頭へ